西武ドラ3・金子 親友・東浜討ちで猛アピールも…

[ 2013年2月25日 06:00 ]

<ソ・西>3回無死、ソフトバンク2番手・東浜から右前打を放つ西武・金子

オープン戦 西武1―2ソフトバンク

(2月24日 宮崎アイビー)
 西武のドラフト3位・金子が東浜討ちで猛アピールした。先頭の3回、東浜から右前打。初球が予想外のカーブで驚いたが、3球目の直球を冷静に叩いた。「直球を狙っていた。打てて良かった」と振り返った。

 ソフトバンクのドラフト1位右腕とは、立命大3年で出場した日米大学選手権でチームメートだった。今でも食事に出掛ける仲。この日は7番・二塁で2試合連続スタメンで起用され、親友との対戦が実現した。

 結果も出たが、課題も出た。2点を追う5回無死一、二塁でバント失敗。渡辺監督も「失敗で(右前打は)取り消し。勉強だね」と手綱を締めた。チームのルーキーの中では唯一の1軍帯同となる。競争を勝ち抜くために、金子は「次に生かす」と失敗さえも糧としていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月25日のニュース