ライアン小川、2回無安打無失点 開幕ローテへ急浮上

[ 2013年2月25日 06:00 ]

<ヤ・神>5回から登板したヤクルト・小川

オープン戦 ヤクルト8―8阪神

(2月24日 浦添)
 「ヤクルトのライアン」ことドラフト2位右腕・小川が、先発候補に急浮上した。5回を3者凡退に打ち取り、続く6回だ。先頭に4番・新井良を迎え、マウンド上での眼光が一層鋭くなった。初球は142キロの高めの直球で空振り。2球目は128キロフォークで再び空振りを奪うと、3球目は127キロの外角スライダーで見逃し三振に斬った。

 「技でいくよりも気持ちでいくしかないと思った。(自分を)売り出すしかないので、抑えることだけを考えた」。2回無失点に抑えた18日の韓国KIA戦(浦添)に続き、この日は最速147キロをマークして2試合連続無失点。13安打を浴びた投手陣の中で唯一無安打に抑えた新人右腕について、小川監督は「度胸よく投げ込むので頼もしい。先発もある」と今後の先発起用を示唆した。

 5人きょうだいの末っ子。グラブの内側には「親孝行」の刺しゅうを入れる。「そういう(きょうだいが多い)環境で大学まで野球をやらせてくれた両親のために活躍して家を建ててあげたい」。開幕1軍どころか先発ローテーション入りの可能性まで出てきた小川が、投手陣再建のカギを握っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月25日のニュース