ベテラン井端が打撃投手…WBC公認球の影響なし

[ 2013年2月16日 19:08 ]

日本代表合宿2日目

(2月16日 宮崎)
 ベテランの井端(中日)が打撃投手を務めた。送球練習の一環で時折行う練習法だと言い、この日は鳥谷(阪神)相手に100球以上を投げた。「野手はあのぐらいの距離でどんどんストライクを投げないと通用しない」と口にした。

 滑るとされるWBC公認球の影響を感じさせず、制球良く投げ込んだ。「ボールを捕球してから(投げる時に)自分に安心感が持てる。不安がなくなる」と明るい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月16日のニュース