ソフト新助っ投が初の打撃投手…50球で安打性は3本

[ 2013年2月16日 18:30 ]

打撃投手を務めるソフトバンクのパディーヤ

ソフトバンクキャンプ

(2月16日 宮崎)
 ソフトバンクの新外国人、パディーヤが、初めて打撃投手で登板。「内角だけでなく、いろいろなコースを狙った」と話した。手応えもまずまずのようで、際どいコースを打者が見逃す場面も目立った。

 「有効に使いたい」という緩いカーブなども交えて打者2人に50球を投げ、安打性の当たりは3本。練習参加からまだ10日の右腕は「体のリズムは100パーセントではない」と話し、高山投手コーチも「遅れて来たので、焦らせないように」と慎重だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月16日のニュース