阿部 イチローのように…背中で侍戦士引っ張った

[ 2013年2月16日 06:00 ]

投球練習を終えた田中(左)に声をかける侍ジャパン代表候補の阿部。中央は東尾投手総合コーチ

侍ジャパン宮崎合宿

(2月15日)
 主将を務める阿部(巨人)が、文字通りにチームの先頭に立った。全体練習よりも1時間以上早い午前8時すぎに球場入りすると、ランニングでも先頭を走った。

 ブルペンでは山井、牧田、沢村、涌井、田中の球を受けるなど、精力的に動いた。「普段以上に周りを見たから気疲れしたよ」とおどけたが、前回大会でリーダー役を務めたイチロー(ヤンキース)のように背中で引っ張った。

 投手陣については「みんな仕上がりが早くて感心した」と安心した様子。初めて球を受けた牧田には球種の確認など話し込む場面もあった。山本監督は「練習前に選手だけでミーティングをやって“声を出していこう”と言ってくれていた」と頼もしげに見つめた。合宿初日を振り返った阿部は「(最年長の)稲葉さんも元気だし、僕らも負けずに頑張りたい」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月16日のニュース