平成の江川と西本だ!菅野 16日紅白戦で宮国とガチ対決へ

[ 2013年2月16日 06:00 ]

原監督と川口投手コーチ(左)が見守る中、ブルペンで投げる菅野

 巨人ドラフト1位・菅野(東海大)が、16日の紅白戦に先発する。ブルペンで39球を投げ、初の実戦に向けて準備を整えた157キロ右腕は「バッターもガチンコで来ると思う。結果を求めてやりたい。楽しみな気持ちしかない」と抱負を語った。

 相手先発は昨季6勝の3年目右腕・宮国。いずれも2イニングを投げる予定で、将来のエース候補対決に川相ヘッドコーチは「いいライバルだし、チームメートで競うのも大事。昔の江川、西本さんみたいにね」と、80年代にエース争いを繰り広げた巨人の右腕2人の名前を挙げた。一方の宮国は菅野の3歳下ながらプロでは先輩。「同じチームだし、(菅野は)意識しない。打者との対戦は久しぶりなので感覚を確かめたい」と冷静に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月16日のニュース