ブラジル代表 日本戦先発は最速152キロ右腕濃厚に

[ 2013年2月16日 06:00 ]

 ブラジルは3月2日の1次ラウンド初戦・日本戦(ヤフオクドーム)で、エース格のリエンゾが先発する可能性が高くなった。

 フェルナンデス(ヤクルト)が右肘の違和感を訴えたことによる代役で、1メートル91、86キロの24歳右腕は現在、ホワイトソックスの一員としてアリゾナ州グレンデールでの春季キャンプで調整中。最速152キロの直球を武器に、昨年11月15日の予選リーグ・パナマ戦にも先発した。メジャー経験はないものの、昨季はホ軍傘下の2Aで4勝3敗、防御率3・27。現在はメジャーの40人枠入りしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月16日のニュース