PR:

松坂 あえて厳しい道選択 日本復帰なら“年俸2~3億円”保証も

インディアンスと交渉大詰めであることが分かった松坂

 レッドソックスからFAとなった松坂大輔投手(32)が10日、インディアンスとマイナー契約で合意したことが分かった。同日、地元紙などが報じた。昨季、右肘の腱移植手術から復帰したが、わずか1勝に終わった松坂。国内球団も獲得に動く中、完全復活を信じ、あえて厳しい道を選んだ。

 松坂にはDeNAやソフトバンクなど複数球団がラブコールを送り、交渉に入れば、年俸は2億~3億円は保証されたはず。しかし「メジャーでプレーしたい」との信念が揺らぐことはなく、「今までは凄く恵まれた環境にいた。(交渉の長期化は)逆にこういうのもいい経験」と退路を断った。全てはメジャーの舞台で輝きを取り戻すため――。

 松坂は1月下旬からロサンゼルス郊外で自主トレ。週4~5日のペースで練習し、下半身を徹底的に強化している。日本では3連覇を目指す侍ジャパンに注目が集まっているが、過去2大会連続でMVPに選ばれたかつての「日の丸エース」は、マイナー契約からメジャーのマウンドを目指すことになる。

[ 2013年2月11日 08:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム