藤岡 成瀬直伝の新球チェンジアップ披露 菅野にライバル心も

[ 2013年2月3日 06:00 ]

チェンジアップを投げるロッテ・藤岡

 ロッテの2年目左腕・藤岡がブルペンで75球の投球練習を行い、成瀬直伝の新球チェンジアップを10球披露した。

 「徐々にいい感じになっている」と手応え。「昨季は打者に粘られることも多かったので、カウントを取ったり決め球にする変化球が必要だと感じた」と自主トレ中に先輩左腕の成瀬に握り方を教わった。現在は成瀬から指摘された「直球の時と腕の振りが違う」という課題の改善に取り組んでいる。

 多彩な変化球を操る巨人のドラフト1位・菅野(東海大)は大学時代のライバルで同学年の友人でもある。「あいつの情報はやっぱり気になる。初日からブルペンでいい球を投げていたみたいですね」。投げ合うとすれば交流戦か日本シリーズ。「負けるつもりはない。1年早くプロになっているので」とプロの先輩としてのプライドをのぞかせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2013年2月3日のニュース