体操・内村も使用 楽天が5千万円“秘密兵器”導入

[ 2013年1月21日 08:19 ]

 Kスタ宮城の室内練習場に楽天の秘密兵器がお目見えした。ロンドン五輪体操個人総合の金メダリスト・内村航平も使用した三次元動作分析装置「VICON」で、約5000万円の高価な代物。赤外線を送り、体やボールに反射マーカーを装着することで、関節の動きや球の回転を解析する。

 12球団に先駆けて試験的に導入。武藤、菊池とともに実験台となったドラフト2位の則本(三重中京大)は「動作分析をしたことはあるが、ここまで精密なのは初めて」と驚いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月21日のニュース