山口2世だ!育成出身・岸が初の1軍キャンプ

[ 2013年1月21日 06:00 ]

手押し車に雪を乗せて坂道をかけ上がる岸

 巨人の宮崎春季キャンプの1、2軍メンバーが20日、発表され、育成選手出身の3年目・岸敬祐投手(26)が初の1軍に大抜てきされた。

 苦労人が、同じく育成出身の山口に続く「ジャイアンツドリーム」を目指す。川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行った左腕は「最初は半信半疑だった。アピールして1軍に居続けたい」と声を弾ませた。

 岸は関学大卒業後、独立リーグで2年間プレー。昨年7月に支配下登録された。実は大卒時、大手保険会社への就職が内定していたが「入社の最終確認の時、ポロッと“やっぱり野球をやります”と言ってしまった。悔いを残したくなかった」。母・久恵さん(56)に泣かれ、約束は「2年だけください」。その2年目の10年、育成ドラフト2位で指名された。

 四国・九州アイランドリーグの愛媛時代は月給8万~9万円。「自炊して、食費でギリギリ。実家から仕送りしてもらっていた」。指名がなければ野球を諦めるつもりだった。コツコツと努力を重ね、昨季はイースタン・リーグで最優秀防御率(2・36)。そして待望の1軍切符を手にした。

 原監督からは「スピードは意識しなくていい。(ヤクルトの)石川のような投手を目指せ」と言われている。直球は130キロ台前半も、制球力が最大の武器。チェンジアップも習得中だ。育成出身で侍ジャパン候補となった山口は1年目の年俸240万円から、今季は100倍の2億4000万円。「自分次第。そういう世界だし、僕もしっかりやっていきたい」。年末年始も無休。兄のソフトバンク・岸健太郎打撃投手(30)と地元・西宮で自主トレを続けた。「まだ一歩を踏み出したばかり」。ここから第二のジャイアンツドリームがスタートする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月21日のニュース