広島育成2巡目・森下 驚異の脚力 競輪選手超え“爆発力”

[ 2013年1月20日 06:00 ]

エアロバイクでの脚力測定で驚異的な数値を弾き出した広島育成ドラフト2巡目の森下

 広島新人7選手を対象とした体力測定が、広島グリーンアリーナで行われ、育成ドラフト2巡目の森下(愛知工大)が驚異の数値をはじき出した。

 エアロバイクをこいで体重1キロあたりの生み出すパワーを測定したところ、17・8ワットをマーク。根本トレーナーは「一般的な競輪選手で16ワット。17ワットはアスリートの中でもAクラス」と評した。「脚力には自信がありました」と、50メートル5秒8を誇る本人は鼻高々。同じ育成出身から09年に新人王を獲得した巨人・松本哲を目標に掲げた。 

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月20日のニュース