オリックス フィガロ退団も…本人が米国でのプレー熱望

[ 2013年1月20日 06:00 ]

 オリックスはフィガロとの契約延長が難航している。19日に発表された沖縄・宮古島の春季キャンプメンバーにも名前はなく、来日のメドは立っていない。

 オリックスに保有権があるにもかかわらず、昨年12月にブルワーズがマイナー契約に合意したと発表した二重契約問題は、ブ軍と大リーグコミッショナーからの謝罪で解決。しかし、フィガロ本人が米国でのプレーを強く望んでおり、球団関係者は「今のままでは本人の気持ちの問題が難しい」と退団の可能性も示唆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月20日のニュース