福留 自信の3大公約 人気球団重圧の中、あえて高いノルマ

[ 2013年1月19日 06:00 ]

ダイヤモンドヘッドを背にランニングする阪神・福留

 阪神に新加入した福留孝介外野手(35=前ヤンキース3A傘下スクラントン)が17日(日本時間18日)、ハワイでの自主トレを公開。(1)打率3割超え(2)出塁率4割(3)阪神在籍中に日米通算2000安打達成の3つの公約を掲げた。新天地でいきなり自らに厳しいノルマを課し、6年ぶりとなる日本球界での活躍を誓った。

 真っ黒に日焼けした顔が、充実した調整ぶりを物語っていた。ホノルル入りしてから12日間。1日も休まず絞り上げた福留の肉体に、一切の無駄はなかった。

 「しっかり走れる状態になってきています。投げる方も問題はないですし、今のところ順調といえば順調です」

 中日時代の00年以来、14年連続となる恒例のハワイ自主トレ。毎日5~6キロの走り込みをし、3日に1度はホノルルの名所・ダイヤモンドヘッドを1周する約8キロのコースを走る。「自分のスタイルとして下(半身)ができていないとバットは振りません」とハワイでは、毎年徹底して下半身強化を図っている。

 阪神という注目度の高い球団を選んだ以上、無難な成績で許されないことは自身も分かっている。だからこそ、あえてハードルの高い公約を掲げた。「出塁率に関しては・350~400ぐらい。打率に関しては・300を大きく超えることが理想」。さらに、あと327本としている日米通算2000安打については「できるように頑張ります」と言い切った。具体的な目標数字を口にしたのは阪神入りが決まって以来、初めて。いよいよ戦闘モードに入ってきた。

 福留は19日に帰国する。今後の調整については「キャンプ前には打つでしょう。特に問題ないですし、あとは振ったときの感覚です」と悠然と話した。6年ぶりとなる日本球界復帰に向け、1年間、戦うための土台は出来上がった。

 ≪3人が記録≫日米通算2000安打はイチローの3884安打を筆頭に3人が記録。続く選手では中村(D)があと27本、井口(ロ)があと100本に迫っており、今季中の達成が濃厚だ。また、青木(ブルワーズ)は昨季メジャー1年目ながら150安打をマーク。日米通算1500安打にあと66本とし、今シーズン前半にも届きそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月19日のニュース