菅野“ダル魔球”ワンシーム投げた!初日から大器片りん

[ 2013年1月7日 06:00 ]

東海大のグラウンドで自主トレを公開、初日からブルペン入りした菅野

 巨人のドラフト1位・菅野智之投手(23=東海大)が6日、神奈川県の東海大グラウンドで自主トレーニングを公開。練習初日ながらブルペンで35球を披露し、ワンシームも投げ込んだ。レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が日本ハム時代から得意としていたが、現在の日本球界では使い手が不在の変化球。「ダル魔球」をいきなり操った黄金ルーキーの潜在能力は凄い。

 立ち投げとはいえ、練習初日から菅野が周囲の度肝を抜いた。直球のような軌道の球がミットの手前で微妙に動いた。35球中、確認できたのは2球。シュートでもツーシームでもない。ダルビッシュが操る「魔球」として10年に話題をさらったワンシームだった。

 「試合ではそんなに使ってないですね。楽しみにしておいてください」とニヤリ。大学4年から本格的に取り組み、公式戦でも試してきた。最速157キロの直球に目を奪われがちだが、この日もカーブ、スライダー、カットボール、フォークを自在に投げ込んだ。剛だけでなく器用さも備える。「(変化球は)キャッチボールのときに遊びで投げて覚えていく」。ダルビッシュもこの方法で変化球をマスターし、魔球を生み出した。

 打者には予測の難しい球だ。右打者ならば、内角高めは直球に近い球速で浮き上がるように食い込み、低めは膝元で沈む。縫い目を指に掛けられない握りだから制球が難しい。だが、この右腕はできる。「いつでもいける準備はしておかないといけない。2月と言わず、1月のうちに準備したい」。浪人した1年間のブランクを指摘する声もあるが、そんな雑音も自らの力で封印していく。

 年末年始は神奈川県内の実家で過ごした。「迷いの中での年明けだった昨年とは明らかに違った」。元日は例年通り神奈川県伊勢原市の大山阿夫利神社で初詣。おみくじでは「“吉”だといいなと思っていたら“吉”を引けた」と早くも、こちらの制球力も抜群だ。ルーキーイヤーを漢字一文字で「学」と表現した。「尊敬できる選手がたくさんいるのでいろいろなことを吸収していきたい。12年はチームで戦えなかった。その悔しさを引き続き13年に持って臨みたい」。日本一連覇の原動力に、この右腕ならばなれるはずだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月7日のニュース