DeNA退団の高森 タレント転身!「ぐっさんが目標」

[ 2013年1月6日 06:00 ]

タレントに転身する元DeNAの高森内野手

 DeNAを退団した高森勇旗内野手(24)が現役を引退し、タレントに転身することが5日、分かった。

 「人前で何かするのが好きなので、タレントの枠を超えて人に感動や喜びを与えたい」。高森は06年に中京から高校生ドラフト4巡目で横浜に入団。楽天・田中らと同期で、2年目の08年8月29日ロッテ戦(ロッテ浦和)ではイースタン・リーグ史上最年少サイクル安打を達成。しかし、1軍には定着できず、プロ6年間で出場2試合、1安打に終わった。

 野球以外で注目を集めたのが形態模写だった。10年オフのファン感謝デーでは「巨人・小笠原の打撃をスーパースロー再生」、「カウント2―0で待っていたフォークを空振りする(当時同僚の)巨人・村田」などを披露。細かすぎる物マネとして話題になり、You Tubeの再生回数は9万回を超えた。「いろいろな仕事に挑戦したい。ぐっさん(DonDokodon・山口智充)が目標です」と第二の人生での飛躍を誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月6日のニュース