PR:

イチロー「中学生の時から存在を知る唯一のプロ野球選手が…」

 米大リーグ、ヤンキースのイチロー外野手が28日、東京都内で電話取材に応じ、引退した松井について「ただただ寂しい」と珍しく感傷的に話した。

 初めて松井の存在を知ったのは中学時代の大会だったという。当時から知る選手ではただ一人、現役だった松井がユニホームを脱ぐことを残念がった。

 今季途中からヤンキースでプレーしている。以前から松井がヤンキースでレギュラーを張ることを評価していたが、自らそのチームに身を置くことで「あらためて、松井選手が残してきた実績がいかに重く、難しいことであったかを知った」と話した。

 同じ左打ちの外野手だが、松井はドラフト1位として鳴り物入りの入団、イチローは同4位からのたたき上げ。育ったチームの環境も伝統のある巨人と新興球団だったオリックスと対照的だ。テレビ局の対談などでお互いの野球観などをじっくり話し合ったことがあるそうで「まったく僕と違う思考でとても興味深かった」と回想した。

 ▽ヤンキース・イチロー外野手の話 何時間も話し込んだことがあったが、僕とはまったく違う思考でとても興味深かった。ヤンキースでプレーしてあらためて、松井選手が残してきた実績がいかに重く、難しいことであったかを知った。中学生の時から存在を知る唯一のプロ野球選手がユニホームを脱ぐことが、ただただ寂しい。

[ 2012年12月28日 20:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム