ソフトB・松田はメジャーより日本「自分の評価下げてまで…」

[ 2012年12月24日 06:00 ]

野球教室で徳島の子供たちに手本を見せるソフトバンク・松田

 徳島県阿南市で開催された「アンダーアーマー杯少年野球大会」で野球教室を行ったソフトバンクの松田が「日本愛」を語った。

 日本選手のメジャー移籍の流れは止まらないが、侍ジャパンの正三塁手候補は「日本人プレーヤーの待遇も(一時期とは)変わった。自分の評価を下げてまで(メジャーに)行こうとは思わない」と断言。最短では15年オフに海外FA資格を得るが「世界とはWBCでも戦える」と話し、世界との勝負は4年に1度と決め込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月24日のニュース