楽天 ヤ軍マギーと合意 メジャー61発男争奪戦 巨人に勝った!

[ 2012年12月21日 06:50 ]

 楽天がヤンキースからFAとなったケーシー・マギー内野手(30)と入団で合意に達したことが20日、分かった。

 1年契約で年俸は1億円プラス出来高払い。メジャー通算61本塁打の右の強打者で、既に獲得を発表した通算434本塁打のアンドリュー・ジョーンズ外野手(35)とともに今季ヤンキースでプレーした大物2人がそろって入団する。

 マギーには、巨人も獲得に向けてリストアップしていたが、楽天が争奪戦を制した。
近日中にも正式発表の予定で、就任3年目の星野仙一監督(65)は球団初優勝へ戦力が整った。

 これ以上ない形で野手の補強が完了した。今季、星野監督は事あるごとに「うちには右で大きい一発を打てる打者がいない」と嘆いていたが、ジョーンズに続き、ヤンキースで同僚だったマギーとも1年契約で合意。イチロー、黒田とともに地区優勝を果たし、3試合で「4番・ジョーンズ、5番・マギー」とクリーンアップの一角を形成したこともある大物が今度は楽天でコンビを組む。

 マギーは今季、パイレーツとヤ軍の2球団で計114試合に出場し打率・217、9本塁打、41打点。左手首を骨折した主砲ロドリゲスの代役として移籍したヤ軍では22試合出場にとどまったが、ブルワーズ時代の10年には23本塁打、104打点をマークした。30歳という年齢も魅力だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月21日のニュース