マリナーズ 課題の貧打解消へ22発モラレス獲得

[ 2012年12月21日 06:00 ]

 マリナーズは、今季チーム最多の14勝を挙げた左腕ジェーソン・バルガス投手(29)をエンゼルスへ放出し、トレードでケンドリー・モラレス内野手(29)を獲得したと発表した。

 両打ちのモラレスは左足のケガで昨季はプレーできなかったが、今季復帰して134試合に出場。打率・273、22本塁打、73打点をマークした。今季マ軍は両リーグ最低の打率・234、ア・リーグ最低の619得点。貧打の解消が課題だった。一方、バルガスは最近4年間で通算36勝。左のエースが移籍したことで、岩隈には先発2番手としての期待がかかる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月21日のニュース