大谷「恩返しを」栗山監督「責任の重さをひしひしと」

[ 2012年12月9日 19:38 ]

日本ハム入団を決断した大谷(右)は栗山監督と固い握手をかわす

 日本ハムがドラフト1位指名した、岩手・花巻東高の大谷翔平投手(18)が9日、岩手県奥州市内のホテルで日本ハム入りを表明した。

 栗山監督も同席した会見で大谷は「(日本ハム球団が作った育成に関する)資料を頂いて(入団に)傾いた。1年目から活躍できるようにしたい。お世話になった人への恩返しが出来ればと思っている」。栗山監督「責任の重さをひしひしと感じている」と、引き締まった表情で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月9日のニュース