張本勲氏 大谷は二刀流ではなく「バッターの方がいい」

[ 2012年12月9日 09:04 ]

日本ハム入りを表明した花巻東・大谷

 野球評論家の張本勲氏が9日、日本ハムがドラフト1位指名した花巻東・大谷翔平投手について、日本ハム入りを強く勧めた。

 張本氏はTBSの情報番組「サンデーモーニング」に生出演し、大谷が当初米国行きを考えていたことに「アメリカに行っても何のプラスもない。絶対ダメ」とし、生活環境を含め、言葉の問題など苦労するだけと指摘。「日本ハムは理解のある球団。日本で何年かやって、力をつけて行けばいい」とした。

 打者としても魅力のある大谷だが、通算3085安打を放った張本氏の見方は「打者の方がいい」。投手との二刀流ではなく、高校通算56本塁打のバッティングの方を買っているようだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月9日のニュース