楽天 メジャー434発A・ジョーンズと合意!3億円補強

[ 2012年12月9日 06:00 ]

 楽天が新外国人としてヤンキースをFAとなったアンドルー・ジョーンズ外野手(35)との契約に合意したことが8日、分かった。1年契約で契約金、出来高を合わせて総額3億円。身体検査を経て、近日中にも発表される。

 ジョーンズはメジャー通算434本塁打、1933安打。今季もヤ軍で14本塁打を放った。過去に来日した外国人では74年のフランク・ハワード(太平洋、現西武)の382本塁打を上回る史上最多本塁打の実績を誇る。さらに10年連続ゴールドグラブ賞を獲得した外野守備も含め、攻守でチームに貢献できる。

 これまで球団は年俸5000万円以下の外国人選手を獲得することが多かったが、失敗ばかりが目立った。今季も解雇したガルシア、フェルナンデス、テレーロ、ハーパーの4人合わせ、わずか11本塁打。星野監督は大リーグのウインターミーティングを前にした1日に「(三木谷浩史)オーナーも“中途半端な選手を獲るのはやめましょう”と言っていた。ウチとして大型補強になる」と期待していた。超大物選手のジョーンズ獲得で、12球団最少の52本塁打に終わった打線の長打力不足を一気に補える。

 ◆アンドルー・ジョーンズ 1977年4月23日、オランダ領キュラソー島生まれの35歳。93年にブレーブスと契約し、96年メジャー初昇格。98年から10年連続ゴールドグラブ賞。05年には51本塁打、128打点で2冠王に輝く。08年以降はドジャース、レンジャーズ、ホワイトソックス、ヤンキースに所属した。メジャー17年間で通算で打率・254、434本塁打、1289打点。今季はヤ軍で94試合に出場し打率・197、14本塁打、34打点。1メートル85、102キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月9日のニュース