最速155キロの増井 160キロ大谷に対抗心「懸垂頑張ります」

[ 2012年12月9日 06:00 ]

武田勝(右)とランニングを行い、笑顔を見せる日本ハム・増井

 日本ハムの中継ぎ右腕の増井が、9日に入団を表明する大谷について「どんな球を投げるのか興味ありますよね。でもチームで一番速い球を投げたいというのはあります」と対抗心を燃やした。

 自身の最速は155キロ。160キロの大谷には5キロ負けており、球速アップに向けて「オフも懸垂頑張ります」とトレーニングに励む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月9日のニュース