T―岡田 イチローに慰められた「WBC残念だったね」

[ 2012年12月9日 06:00 ]

 オリックスのT―岡田外野手(24)が、今オフは国内で下半身強化に取り組む。今年1月にロサンゼルスで初の海外自主トレを敢行したが、「海外には行きません。今オフは、しっかり下半身を鍛えることが一番の目標です」と明かした。

 今季は2度の左太もも肉離れで長い期間戦列を離れた。出場103試合で規定打席にも届かなかった。現在は下半身作りのため、合宿所にある室内練習場に行く前にほっともっと神戸に立ち寄り、階段登りなどを積極的に取り入れている。

 この日は、イチローの自主トレに合わせて球場入りし10分間ほど話し込んだ。「WBC残念だったね」と声をかけられたという。イチローとは11年1月に合同自主トレを行ったが、今年はロス自主トレのため、ともに汗を流す機会はなかった。「機会があればまた一緒にやりたいと思っています」。本塁打王に輝いた10年のオフ、イチローに絶賛されたパワーを十分に生かすにも下半身強化は欠かせない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月9日のニュース