ジャイアンツ人気選手との朝食権に48万円!オークションで落札

[ 2012年12月9日 06:00 ]

 大リーグは7日、全30球団が参加したがん撲滅基金のためのオークションで、売り上げが計15万2700ドル(約1250万円)に達したと発表した。

 ユニークな出品が多く、ジャイアンツの人気選手ペンスと朝食を共にできる権利は5825ドル(約48万円)で落札。ヤンキースの広報部で1日インターンができる権利が8125ドル(約67万円)で最高額だった。

 このほか、日本人の母を持ち、ドジャースなどで活躍したパドレスのデーブ・ロバーツ・コーチから走塁と守備の実技指導が受けられる権利が4575ドル(約38万円)など。寄付金はがん治療の研究などに使われる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月9日のニュース