WBC 侍ジャパン候補34選手発表 40歳稲葉、37歳稼頭央も選ばれる

[ 2012年12月4日 17:31 ]

WBC日本代表候補の34選手を読み上げる山本浩二監督

 第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンの候補選手34人が4日、正式に発表された。

 投手はただ一人過去2回のWBCを経験している巨人・杉内をはじめ、広島・前田健、楽天・田中ら計16人を選出。捕手は過去出場経験のある巨人・阿部、ヤクルト・相川に加え、西武・炭谷がメンバー入りした。

 内野手は8人で第2回に出場した巨人・村田、日本ハム・稲葉のほかは、出場すれば初となる選手ばかり。今回現役メジャーリーガーはいないが、大リーグで5年プレーした楽天・松井稼が候補に名を連ねた。外野手は7人で日本ハム・中田らが選ばれた。

 大会への最終メンバー登録28人は来年2月20日に決まる。山本監督は「宮崎のキャンプも6日間しかない。その中で28人を選出するのは大変な作業になる」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年12月4日のニュース