藤浪 縦じま19番で阪神入団実感「狙っても打てない直球投げる」

[ 2012年12月3日 17:36 ]

阪神のユニフォームに袖を通した藤浪

 阪神は3日、大阪市内のホテルで新人6選手の入団記者会見を行った。

 ドラフト1位の大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手は、背番号19のユニホームに袖を通し「甲子園で自分はまだ負けたことがない、イメージのいい球場。偉大な方がつけていて重圧もあるが、阪神の19番は藤浪と言ってもらえるようになりたい」と抱負を口にした。

 初めての縦じまについては「阪神に入るんだなという実感が湧いた。伝統のあるチームのユニホームで身が引き締まる」。「狙っても打てない真っすぐを投げる、直球が代名詞の投手になりたい」と力強く話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年12月3日のニュース