青木 2年目へ体力強化誓う 藤川のカブス入りは歓迎

[ 2012年12月3日 16:54 ]

イベントでポーズをとる米大リーグ、ブルワーズの青木宣親外野手

 ブルワーズの青木宣親外野手は3日、大阪市内でイベントに参加し、メジャー2年目の来季へ向け「体力がもっと必要だと感じたので基本に戻って走り込み、底上げしたい」と課題克服に意気込んだ。

 シーズン終了後は体を休めることに専念した。近く始動する予定で「次のキャンプではそこまで結果は求められない。開幕で最高の状態を迎えたい」と今季定位置をつかんだ余裕をのぞかせた。

 同じナ・リーグ中地区のカブス入団が報じられた藤川球児投手については「米国に行って日本人の仲間意識が強くなったのでうれしい」と歓迎しつつも「チームメートにはしっかり対策を伝えたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年12月3日のニュース