相川 WBCは縁の下の力持ちに「僕は試合に出るとかじゃない」

[ 2012年12月3日 06:58 ]

 ヤクルト・相川が侍ジャパンの「縁の下の力持ち」を宣言した。

 神宮外苑で汗を流し「(山本監督から代表候補入りの)連絡はありました。“いろいろ頼む”と。僕は試合に出るとかじゃない。やるべきことは分かっています」。

 控え捕手の役目や対戦国の打者分析、さらに首脳陣と選手のパイプ役などベテランとして率先して取り組んでいく。恒例となった来年1月のサイパン自主トレも例年より3日ほど早め、8日に出発予定。「2月中旬に(体を)仕上げないと」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年12月3日のニュース