銀次 剛力彩芽似美女と結婚 11・22「いい夫婦の日」届け出へ

[ 2012年11月22日 06:00 ]

結婚を発表した楽天・銀次

 楽天の銀次内野手(24=本名・赤見内銀次)が「いい夫婦の日」にあたる11月22日に仙台市内で婚姻届を提出することが21日、分かった。

 お相手は東京都在住でメーキャップアーティストの夏子さん(29)で、既に同市内で同居している。高卒7年目の今季は初めて規定打席に到達し、打率・280。生涯の伴侶を得て、来季のさらなる飛躍を誓った。

 今季の躍進を支えたのは、将来を約束した最愛の女性の存在だった。22日に仙台市内で婚姻届を提出する銀次は、表情を引き締めながら話した。

 「これまで以上に責任を持って生活していかなくてはいけないと思う。それは野球でも同じ。来季はもっともっといい成績を残したいと思っています」

 夫人となる夏子さんはタレントの剛力彩芽似で身長1メートル62のスレンダー美女。昨年12月に知人の紹介で出会い、今年3月に交際をスタートさせた。当初は互いに全国を飛び回る仕事で満足に会うことはできなかったが、毎日の電話やメールなどで順調に愛を育んだ。

 そして8月からは仙台市内で同棲生活をスタート。夏子さんは遠征などで不規則な生活となる銀次を支え続けた。験を担ぐことが多い銀次のために、いつも朝食には決まってバナナジュースとチーズトーストを用意。夜は栄養バランスのいい料理で体調面をサポートした。5歳年上の姉さん女房となる夏子さんについて、銀次は「一緒にいるだけで明るく、前向きになれる。尊敬しています。料理は他にもみそ汁、ハンバーグ、肉じゃが、とにかく全部が好き」とのろける。

 銀次は高卒7年目の今季、持ち味だった打撃力が開花。126試合の出場で初めて規定打席に到達し、リーグ11位の打率・280を残した。今月2日から19日まで行われていた岡山県倉敷市の秋季キャンプでは積極的に声を出してチームを盛り上げ、精力的に練習をこなした。星野監督ら首脳陣の期待も大きく、「来季は全試合フルイニング出場と打率3割をクリアしたい」と意気込む。

 今季は投手、野手で多くの若手が台頭したが銀次はその象徴的な存在で、12月に行われる契約更改交渉でも今季年俸720万円からの大幅アップは確実。生涯の伴侶も得て、公私ともにバラ色のオフとなりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月22日のニュース