「簡単にいかない」阪神・中村GM 次は福留獲りへ全力

[ 2012年11月21日 14:31 ]

 阪神の次のターゲットは福留だ。中村GMは全力で「左の大砲」獲得に動きだす。

 進ちょく状況について「まだ全然。今月中とは思っているけど相手がいることだから」と進展がないことを強調した。

 現在、水面下で条件提示など交渉を進めているが、本人はメジャーでのプレーを希望しているという情報もあり長期戦の様相を呈している。

 「そういう情報もあるからね。1回や2回では簡単にいかないと思っている」。年内に決着がつかなくても、粘り強くとラブコールを送り続ける覚悟で、代わりに外国人の外野手を獲得する可能性については「全く考えていません」と否定した。

 また、海外FA権を行使し、メジャー移籍が決定的な藤川の穴を埋める助っ人の獲得にも消極的な姿勢を示した。「(外国人)枠の問題もあるし、慌てて獲りにいくことは考えていない。不測の事態があった時に動けばいい」。中継ぎに関してはトライアウトなどでの獲得も視野に入れている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月21日のニュース