ヤンキース 黒田に1年13億1200万円提示へ

[ 2012年11月19日 06:00 ]

 ヤンキースをFAとなった黒田について、地元紙ニューヨーク・ポストは17日付の電子版で、ヤ軍が再契約へ1年1600万ドル(約13億1200万円)を提示する見通しと報じた。

 年俸総額を抑え、ぜいたく税を圧縮するため、ヤ軍は複数年契約を提示しない方針。しかし、同紙は現役引退までに一度、日本球界に復帰したい右腕の希望をふまえ「日本がヤ軍の味方になるかもしれない」との見出しで、米球界残留なら1年契約がヤ軍有利に働く可能性を指摘した。

 黒田獲りにはヤ軍と広島のほか、レッドソックスやドジャース、エンゼルスなどが参戦中。ドジャースとエンゼルスは、豊富な資金力を生かして複数年契約を提示するもようだ。米スポーツ専門局ESPNは、黒田の家族が現在ロサンゼルスに住んでいるため、古巣ド軍が有利と伝えている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月19日のニュース