阪神 5投手に罰走…和田監督不在でユルユル13四球

[ 2012年11月19日 06:00 ]

紅白戦で5四球の阪神・岩本は球場から宿舎までの道のりを走って帰る

 阪神の安芸秋季キャンプで行われた紅白戦は、投手陣が両軍で計13四球。野手陣も走塁、守備でミスを連発した。OB戦出場で和田監督が不在。「緊張感が欠けていた」とスタンドからヤジも飛んだ。

 試合後は5投手が宿舎まで約13キロを罰走。3回で5四球の岩本は「きょうは最悪でした」と1時間半で走った。3回4四球の伊藤和も「高3のマラソン大会以来の長い距離です」とヘトヘト。代行で指揮した黒田ヘッドコーチは「四球では何もならない」と怒り心頭だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月19日のニュース