橋戸賞左腕の大城が貫禄の1失点完投!

[ 2012年11月11日 21:37 ]

日本選手権第9日・準々決勝 JX―ENEOS2―1日本生命

(11月11日)
 都市対抗大会との2冠を狙うJX―ENEOSは、左腕の大城が5安打に抑えて1失点完投。直球と多彩な変化球のコンビネーションが抜群だった。都市対抗大会で最優秀選手賞にあたる橋戸賞に輝いた実力を存分に見せつけたが「先制点を取られ、開き直るしかないと思った。キャッチャーさまさま」と謙虚に話した。

 プロ志望だが、ドラフト会議では指名がなかった。沖縄県出身の25歳は「選手権が終わってから、あらためて落ち込みます」と笑わせた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年11月11日のニュース