桐蔭横浜大の喜納が逆転3ラン!左投手キラーだ

[ 2012年11月11日 19:42 ]

明治神宮大会準々決勝 桐蔭横浜大5-2大体大

(11月11日 神宮)
 桐蔭横浜大は4回に、左打者の喜納が右越えの逆転3ランをたたき込んだ。プロ野球オリックスから1位指名された左腕の松葉からの一発に「真ん中の甘い速球。球が速い、すごい投手と聞いていたが、ストライクゾーンを上げて高めを狙っていた」と笑顔で振り返った。

 2年生の喜納は、今秋のリーグ戦終盤から定位置を確保した。勝負強さを買われて、今大会は5番打者を務める。「本塁打はこれで3本目。すべて左腕から」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月11日のニュース