石井、実松で4点!「終わり良ければ全て良し。いい1年でした」

[ 2012年11月11日 19:21 ]

アジアS決勝 巨人6―3ラミゴ

(11月11日 韓国・釜山)
 巨人は2回に石井、実松で先制の4点を挙げた。無死二、三塁で石井は右中間フェンス直撃の2点二塁打。「とにかく甘い球が来たら(積極的に)いく気持ちだった。自分の仕事をするだけ。集中していた」と充実した表情だった。

 なお2死二塁で、実松は高めの速球を左翼席に運んだ。「終わり良ければ全て良し。いい1年でした」と笑顔だった。シーズン中は控えに回ることが多かった2人が、存在感を見せた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月11日のニュース