山本監督「受け止めるしかない」岩隈から辞退の連絡受け

[ 2012年11月11日 18:59 ]

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む日本代表の山本浩二監督は11日、米大リーグのマリナーズの岩隈久志投手から出場を辞退する、との連絡を受けたことを明らかにした。「(岩隈も)苦渋の決断というか、ダルビッシュと同じ状況。受け止めるしかない」と語った。

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手についても不参加となることの「確率が高い」とし、「投手陣に限ってはメード・イン・ジャパン、そういう方向で向かっていくしかない」と、国内でプレーする選手で編成する意向を示した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年11月11日のニュース