MVPの坂本「すごくうれしい」原監督も「大きな財産」

[ 2012年11月11日 18:55 ]

7回巨人1死三塁、坂本が右犠飛を放つ
Photo By スポニチ

アジアS決勝 巨人6―3ラミゴ

(11月11日 韓国・釜山)
 全試合で打点を挙げた巨人の坂本が、シリーズの最優秀選手に選ばれた。この日は無安打に終わったが、7回1死三塁から犠飛で貴重な追加点をもたらし「最後にMVPをとって終われたことがすごくうれしい」と有終の美を喜んだ。

 3年連続で全試合に出場した23歳に、原監督は「若きチームリーダーとしてMVPをとったのも大きな財産となった」と活躍をねぎらった。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月11日のニュース