キューバ自慢の打線が不発 メサ監督「今は調整過程」

[ 2012年11月11日 06:00 ]

親善試合 キューバ代表1-2WBC台湾代表

(11月10日 台中)
 キューバ自慢の強力打線が6安打と沈黙して敗れた。

 日本の社会人野球「シダックス」にも所属したビクトル・メサ監督は、侍ジャパンとの強化試合に向け「今は調整過程の中にいるが、チーム内の競争は始まっている。何も隠すことはないし、日本戦に全てをぶつけていく」と話した。11日と13日に台湾プロ野球(CPBL)選抜と対戦。14日に来日する。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年11月11日のニュース