韓国・ロッテ指揮官「完敗」 正捕手の故障が響く

[ 2012年11月11日 06:00 ]

アジアシリーズ1次リーグB組 韓国・ロッテ0-5巨人

(11月10日 釜山)
 零敗を喫した韓国・ロッテの権斗祚監督代行は「走攻守の全てにおいて負けていた。完敗です」と脱帽するしかなかった。

 右膝痛を抱える正捕手のカン・ミンホを先発出場させたが、「ケガをしていて無理があった」と初回2死一、二塁の好機で代打を送りベンチに下げた。その後も好機で2番手捕手がことごとく凡退するなど、WBC韓国代表でも正捕手が有力視されるカン・ミンホの不在が大きく響いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年11月11日のニュース