仙台育英・上林主将が宣誓「野球できることに感謝」

[ 2012年11月9日 19:10 ]

 第43回明治神宮野球大会の開会式が9日、東京都内の明治神宮会館で行われ、初出場する富士大(東北)の君島立将主将と、6年ぶり出場の仙台育英高(東北)の上林誠知主将が選手宣誓した。

 君島は「昨年、大災害が日本を襲いました。ここで野球ができることを感謝し、全力を尽くして戦うことを誓います」と力強く述べた。

 大会は高校の部に浦和学院(関東)など各地区秋季大会を制した10校、大学の部は亜大(東都)など11校が参加する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月9日のニュース