ダル WBC不参加表明 メジャー勢“全滅”の危機 

[ 2012年11月7日 08:46 ]

WBC連覇達成の瞬間雄叫びを上げるダルビッシュ

WBC選手選考

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が来年3月開催のWBCへ不参加の意向を表明した。6日、レンジャーズが発表した。

 出場オファーを出している日本人メジャー選手6人の中で参加を表明した選手はおらず、全員不参加の可能性もある。

 レンジャーズ関係者によると、ダルビッシュとWBC出場の可否について話し合いを進めてきたが、不参加でまとまった。

 レ軍は、メジャー2年目のダルビッシュにエースとしての働きを期待していたが、今季終盤には首痛を訴え、さらに右太腿にテーピングを施しての登板が続き、満身創痍(そうい)の体のメンテナンスに時間がかかると判断された。2年目の飛躍を目指すダルビッシュにとっても、来季の失敗は許されない状況にある。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月7日のニュース