山本監督 ヤング侍に期待「内容良ければ、WBC代表候補に入る」

[ 2012年11月6日 17:29 ]

キューバとの親善試合に臨むメンバー発表記者会見で、記者の質問に答える日本代表の山本浩二監督
Photo By スポニチ

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表の強化試合となるキューバ戦(16日ヤフードーム、18日札幌ドーム)のメンバー29人が6日、発表された。

 キューバはWBCの1次ラウンドの同組で戦うライバルで、本大会へ向けた重要な2試合となる。今回が初陣となる山本監督は会見で、「勝ちにいきながら、研究したい。キューバの戦力も、戦ってみて分かる面が出てくる。場面によっては動くこともある」と語り、「自分も国際試合で思い切ったプレーをして、それが自信になった経験がある。内容が良ければ、当然WBCの代表候補に入ってくる」と若手中心のメンバーに期待。日本ハム・中田、西武・中村ら4番候補の離脱が相次いでいるが、オーダーについては「まだおぼろげ。練習を見て、前日ぐらいに決めたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月6日のニュース