侍ジャパン キューバ戦メンバー発表!斎藤、沢村、堂林ら29選手

[ 2012年11月6日 17:00 ]

日本代表メンバー発表会見で、手を合わせ健闘を誓い合う(左から)沢村、角中、山本監督、本多

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表の強化試合となるキューバ戦(16日ヤフードーム、18日札幌ドーム)のメンバー29人が6日、発表された。

 投手は13人が名を連ね、日本一になった巨人から沢村、西村が選ばれ、パ・リーグ優勝の日本ハムでは斎藤が選出。左腕は村中(ヤクルト)、筒井(阪神)、森福(ソフトバンク)ら5人を数えた。

 捕手は山本監督がチームの要として期待する阿部(巨人)のほか、ヤクルトの若手中村ら4人を選び、内野手はベテラン井端(中日)以外は、坂本(巨人)、堂林(広島)、筒香(DeNA)ら若手を中心に6人がメンバー入りした。

 外野手6人は長野(巨人)、糸井(日本ハム)に加え、今季セ盗塁王の大島(中日)、パ首位打者の角中(ロッテ)ら実力のある選手が並んだ。

 ダルビッシュ(レンジャーズ)らメジャー組は選出されなかった。今回は来年の本大会に向けてのテストマッチという位置づけ。勝敗そのものよりも通用する選手の見極めが大きな目的となる。30日に主催者側へ提出する代表メンバー28人を決める。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月6日のニュース