オリックス・山崎浩と西武・原が交換トレード

[ 2012年11月6日 15:39 ]

 オリックス・山崎浩司内野手(32)と西武・原拓也内野手(28)の交換トレードが6日、両球団から発表された。

 山崎は内野4ポジションを守れるユーティリティー選手。勝負強い打撃が持ち味で、2009年にはセ・パ両リーグで隠し球成功という珍記録も。今季は2年ぶりに2軍落ちを経験。1軍成績は35試合、打率・189にとどまっていた。

 6年目の原は昨季、球団記録を塗り替える51犠打をマーク。守備に定評があり、今季は打力アップで2番を期待されたが、86試合、打率・186に終わっていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月6日のニュース