広島“厳冬”更改…江草ら約20%ダウンでサイン

[ 2012年11月6日 06:00 ]

 広島はマツダスタジアムで3人、キャンプ地・日南で5人が契約更改交渉に臨み、マツダ組の江草、梅津、岸本はそれぞれ20%前後の減額でサインした。

 鈴木球団本部長は「査定通りだが、試合に出られなくなっている選手には厳しいかもしれない」と、今オフの交渉について“厳冬”を示唆。今季1軍登板のない永川勝、右肘痛のため21試合の出場だった栗原も大幅減となる見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月6日のニュース