おかわり弟で1点差迫る 惜敗も「ここまでやれるのが分かった」

[ 2012年11月6日 06:00 ]

スポニチ後援社会人野球日本選手権 滋賀・高島ベースボールクラブ2-3JFE西日本

(11月5日 京セラD)
 滋賀・高島ベースボールクラブの西武・中村の弟、光佑が8回に適時二塁打を放ち、1点差まで迫った。

 それまで2打席連続で空振り三振していたが「絶対外の直球が来ると自分に言い聞かせた」と、追い込まれた5球目を右翼線に放った。チームは敗れたものの、主将でもある光佑は「ここまでやれるのが分かった」と表情に悔いはなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月6日のニュース