武田久 FA行使せず残留!2年契約年俸2億4000万円

[ 2012年11月6日 06:00 ]

FA権を行使せず2年契約で合意した日本ハム・武田久

 フリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使するための手続き期間が5日、スタートした。申請期間は日本シリーズ終了翌日から土・日、祝日を除く7日間以内で、今年は13日まで。

 日本ハムの武田久は札幌市内の球団事務所で第1回FA交渉を行い、2年契約の年俸2億4000万円プラス出来高で合意。権利を行使せず残留することが決まった。今季は右膝痛で約1カ月戦線離脱しながら、32セーブで2年連続3度目の最優秀救援投手賞に輝いた右腕は会見で「正直すっきりした。(行使するか)ちょっとは迷いましたけど、違ったユニホームを着てプレーするイメージが湧かなかった」と説明。複数年契約については「やってやろうという気持ち。ずっと札幌で投げ続けたい」と話した。島田利正球団代表も「単にセーブ王というだけではなく、彼の存在は大きい」と守護神の残留にホッとしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月6日のニュース