イチロー元同僚 ハリケーン被害者救済のため基金設立

[ 2012年11月6日 06:00 ]

 マリナーズ一筋で18年間プレーし、イチローの盟友としても知られるエドガー・マルティネス氏(49)が、ハリケーン「サンディ」の被害者救済のため、ホリー夫人とともに基金を設立した。

 4日のニューヨークシティー・マラソンが中止になったことを受け、参加予定だった夫人が数千人とともに自発的にコースを走り、ツイッターで支援を呼びかけた。マルティネス氏は「たくさんの人を集め、何か面白いことをするいい機会だと思った」と設立の理由を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月6日のニュース